ALOHA AND MAHALO

Aloha And Mahalo

ハワイおたくによる『リアルなハワイ情報』『子連れ旅行情報』

ーおすすめ記事ー

【ハワイのガイドブック】子連れ・ファミリーにおすすめの3冊を比較した結果(るるぶ・ハワイ本・地球の歩き方2020年版)

Aloha🌴みぅです。

ご存知の読者さんもいらっしゃるかもしれませんが、私はハワイのガイドブックを片っ端から読むハワイおたくです。笑

今回はハワイのガイドブックの中でも「ファミリー向け」の3冊を読み比べ、一番のおすすめを詳しくご紹介したいと思います

ハワイの"ファミリー向け"ガイドブックで一番おすすめなのはこれ!

今回読んだファミリー向けのガイドブック

現在発売されている家族旅行専用のガイドブックはこちらの3つです。簡単に読んだ感想を書きたいと思います。

ハワイ ガイドブック 家族旅行 ファミリー 子連れ 赤ちゃん連れ おすすめ
左から「地球の歩き方」、「ハワイ本」、「るるぶ

「リゾートスタイル こどもと行くハワイ」(地球の歩き方

良いところ
活字中心の「地球の歩き方」とは違い、写真やイラストが多く読みやすくなっています。主要ホテルの子連れ向けサービスの一覧表や、お子様の年齢別のおすすめビーチなど、参考になる情報も多数。ハワイ旅行に関する基本情報は3冊の中で一番ボリュームがあり、さすが「地球の歩き方」といったところです。


残念なところ
3冊のなかで圧倒的に多い「文字」。「情報量が多い」というのは良いことである反面、ほしい情報を見つけ出すために時間も手間も要します。忙しいママはじっくりガイドブックを読む時間は限られているので、パッと写真やイラストを見て情報収集したいと思うんです(私はそう)。あと残念なのが「紙質」。紙が薄いので耐久性が低め。ページをペラペラめくる際、折れ曲がらないように気を使います。



「ハワイ本 for ファミリー」(エイ出版)

良いところ
ガイドブックというより「プランニングブック」として構成されていること。ハワイへ行くにあたって「何をいつまでに準備すればいいんだろう?」と不安なパパママに、順を追って必要事項を解説してくれます。ホテルや航空会社の子連れ向けサービスも細かく載っています。全体的にレイアウトが見やすく、デザインもおしゃれでテンションが上がります。


残念なところ
地球の歩き方」と「るるぶ」は0歳から小学生までを対象にしていますが、「ハワイ本」は0歳から6歳までを対象としていますので、掲載店舗も小さい子向けの情報が多いです。小学生の親御さんには不要な情報も多いかもしれません



るるぶ こどもとハワイ」

良いところ
分かりやすい構成。一般的なガイドブックと同じで「あそぶ」「たべる」「かいもの」「とまる」の4つで編集されているので、欲しい情報を探しやすいです。


残念なところ
ファミリー向けの参考情報が、他の2冊と比べるとやや物足りない印象。るるぶだけでもちゃんと旅行できると思いますが、「ハワイ本 for ファミリー」の情報がとてもきめ細かいため、劣って見えてしまいました。



おすすめの一冊はこれ!その理由は…

3冊を読み比べた結果、一番のオススメは「ハワイ本 for ファミリー」でした!

それでは「ハワイ本forファミリー」がおすすめな理由をご説明したいと思います。

子供の年齢別モデルプラン」や「持ち物チェックリスト」があるのは当たり前!その他にも魅力たっぷりでした。

【理由1】旅行までに不安を全て解消してくれる

パパママがなんで普通のガイドブックじゃなくて、わざわざ「家族向け」のガイドブックを買うのか。きっと「家族向けのレストランやホテルの情報を知りたいから」だけじゃありませんよね。「小さなこどもを連れてハワイでちゃんと過ごせるか、という漠然とした不安」があるけれど、何をどう調べればその不安が解消できるのかわからないから、敢えて「家族向け」のガイドブックを買うんだと思います。


「ハワイ本」は、その漠然とした不安を1つずつ丁寧に取り除くために、「ガイドブック」ではなく「プランガイド」という構成になっているのです。いつまでに〇〇を準備する、〇○を決めておく、と順を追って解説してくれるので、ハワイや海外に不慣れなパパママでも安心して準備できます。


例えば、STEP6の「旅の不安を解消する」というコーナーでは、「飛行機での過ごし方」など子連れ旅行ならではの不安を1つ1つイラスト付きで解説してくれます。内容は、実際に子連れ旅行を経験した方が書いたんだろうな、と感じるくらいリアルで実用的!
ハワイ 旅行本 ガイドブック 家族 子連れ 赤ちゃん おすすめ 2020年 2021年


【理由2】かゆい所に手が届く情報量

パパママが知っておくと現地で役に立つ情報が満載です。例えば、ホテル情報ですが、こんなに詳細にサービスの有無が書いてあるんです。しかもどれも実用的!

ハワイ ホテル 子連れ おすすめ あかちゃん
○✖形式で子連れ向けサービスの有無を細かくまとめています。

私も0歳児とハワイ旅行した経験があるのですが、「シャワーが固定されてないか」って地味だけどすごく重要な情報でした。固定されていると赤ちゃんを洗いにくいですよ~!


他にも私は「キッチンとランドリーがあること」、「ベッドルームと別にリビングルームがあること」、「ビーチから近いこと」、「周辺にレストランが充実していること」を重視して宿泊先を選びました。


レストランのページにもファミリー向けのサービスが〇×で書いてあるので参考になります。またレストランも「騒いでOKなレストラン」「便利なフードコート」「サクっと買えるランチ」などいくつかのテーマに分けて紹介されているので、用途に合わせてお店を探すことができます♪
ハワイ 子連れ レストラン おすすめ まとめ 2020年

ショッピングも、主要ショッピングセンター内のファミリー向けショップの紹介が充実しています。「ママ友に自慢できるアイテム」というコーナーには、かわいいキッズ用グッズが多数紹介されています。
ハワイ ベビーグッズ おすすめ

「食べる」「遊ぶ」「買う」「泊まる」全てパパママ目線で必要な情報がそろっています!

スポンサーリンク




【理由3】見やすいレイアウト

一般向けの「ハワイ本」もそうなのですが、エイ出版のガイドブックはレイアウトが本当にきれいなんです!背景は白く、すっきりコマ割りされていて、ストレスなく読み続けられるんです。




【理由4】先輩ママたちのリアルなアドバイス

実際にハワイ旅行したパパママの経験談はこの上ないアドバイス。「ハワイ本 for ファミリー」にはマネしたいアドバイスが多数掲載されています。現地でのちょっとしたストレスを軽減してくれるはずです。
ハワイ ガイドブック パパママ向け おすすめ 人気 クチコミ 口コミ 評価


この1冊を読むだけで「旅慣れたパパママ」になれると思います。ハワイで不安なく過ごせるはずです!


以上になります。

なお、本の特性上しかたがないのですが、紹介されているレストランやショップがファミリー向けのものに偏っているので、一般的なハワイのガイドブックと比べると紹介されている店舗数が少ないです。0歳連れの場合は赤ちゃんは持参したミルクや離乳食を食べるので、意外とパパママが行きたいレストランに行けるんですよね笑。だからより多くの店舗を調べたい方には、「ハワイ本(普通のやつ)」も合わせて購入することをお勧めします

あわせて読む


以上になります。
なお、私のブログでは、0歳児の赤ちゃんと行くハワイ旅行に役立つ情報もまとめています。良かったらご覧くださいね♪

あわせて読む


最後までお読みいただきありがとうございました!

ブログランキング参加中です。押していただけると励みになります😄🌺
🌴ブログ村🌴
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ

🌴アロハストリート🌴
ALOHA AND MAHALO


スポンサーリンク