ALOHA AND MAHALO

Aloha And Mahalo

ハワイおたくによる『リアルなハワイ情報』と育児・家事のこと

赤ちゃんの飛行機の予約はいつから?機内での過ごし方は?JAL便の体験談【赤ちゃん連れハワイ旅行】



Aloha🌴みぅです。

今日は赤ちゃんとのハワイ旅行のうち「飛行機の予約」と「搭乗(機内での過ごし方)」についてまとめたいと思います。
また今回利用したJALボーイング787についてもレポートします🛫

生後9か月の息子の搭乗体験記も書いてまーす♪



赤ちゃんとハワイに行こう!飛行機のアレコレについて解説します

飛行機の予約

赤ちゃん ハワイ 飛行機 予約 ベビー パスポート

いつから予約できるの?バシネットの手配方法は?

赤ちゃんの航空券は生まれてから予約可能です。パスポート申請前でも大丈夫です。


ただし、ゴールデンウイークや年末年始などの繁忙期や特典航空券利用の場合は予約が殺到しますので、出産前に大人の分の航空券を購入したほうが席を確保しやすいです
この場合、ご旅程の最終区間出発日の前日起算で360日前の10:00から予約可能です(JALのホームページでは、帰りの飛行機の日付を入力すると予約開始日を検索できますよ♪)。
赤ちゃんは席を利用しませんので、大人の席さえ確保できれば、ひとまずハワイに行けます♪


赤ちゃんの分の予約は、生後にコールセンターに電話して手配します。その際にバシネットや離乳食、オムツの予約も行います。
離乳食の内容やオムツのサイズは、後日WEBサイトや電話で変更できるので、予約の段階では仮で大丈夫です。
また、バシネットは、体重10.5kgを超える赤ちゃんは使用できませんが、この時点ではわからないのでとりあえず予約しておきます。

バシネットは争奪戦。生まれてすぐに電話しましょう~

なお、海外パッケージツアーの場合は、

  • 4~9月出発→12月初旬から
  • 10~3月出発→6月初旬から

に旅行パンフレットが店頭に並び、Webサイトにも商品が掲載され始めることが多いです。

赤ちゃんの料金は?

国際線の場合、生後2歳まででかつ席を利用しない場合は航空券購入の場合は税金や燃油サーチャージ等込みで約2万円以内の運賃が掛かります。旅行会社のツアーでは生後満2歳まで無料で搭乗できるものがあります。
ただし、大人が特典航空券利用の場合は、大人の10%分のマイルが必要になります。

赤ちゃんのパスポートとESTAの申請

赤ちゃんもパスポートとESTAの申請が必要になります。
赤ちゃんのパスポート写真の撮影に便利なアプリについては以下の記事をご覧ください。

バシネットが予約できなかった場合

バシネットが予約できなかった場合、こちらのグッズがあるととっても楽です!空気入れ不要で簡単に膨らませられるフットレストです。元CAママさんもおすすめしていました。


下の画像のように、膨らましたフットレストを座席の前に置くと席が広々と使えて、お子様が寝転がったり足を延ばせたりしてとても快適です。値段も安く、コンパクトに畳めるので持っていて間違いないアイテムです!

ボーイング787の場合、おすすめの席は?

バシネットが設置できる席は壁に面した席なのですが、オススメは23列目
45,46列目より足元が広々していました♪

搭乗当日の過ごし方・搭乗の流れ

なるべくリラックスできるように工夫を

参考までに我が家の行程を📝

  1. 家を出発する前にお風呂に入れ、パジャマを着せます。(真冬の場合は湯冷めしないように入れる時間を工夫してください♪)
  2. 普段寝る時間になったら、寝たいだけ寝かせてあげます。(現地に着くのは日本時間の早朝なので、寝かせないと寝不足になってしまいます)
  3. ミルクもいつも通りのタイミングで与えます。
チェックイン・出国手続き

赤ちゃん連れの場合は、事前のWEBチェックインができませんので、当日航空会社のカウンターで行います。
手荷物チェックでは、赤ちゃん用のお茶やミルクは機内に持ち込めます。(通常100mlを超える液体は機内に持ち込み不可)
アメリカから出国する際も、赤ちゃん用であれば液体を持ち込めます。

搭乗体験記(往路:名古屋➡ホノルル)

中部国際空港22:10発 JL794便を利用しました。
機材は最新のボーイング787

離陸時は、抱っこ紐で抱っこしながら、お茶を飲ませました。
耳を痛がる様子もなく、無事に空へ・・・。

ベルトサインが消えると、CAさんがバシネットを設置してくださいました。
往路は46列目の席だったのですが、バシネット設置後プライベートモニターを出し入れできなくなるとのことで、出したままバシネットを設置してもらいました。
でも往路は基本寝て過ごすので、しまっておいてもらったほうがよかったです・・・。




息子が寝たので、バシネットにそっと置いたところ、寝てくれました・・・!(歓喜!!)
ちなみに写真は普段のねんねグッズ(私のもこもこパーカ、おしゃぶり、スリーパー)です。

息子は10.3kg、75cmのビッグベイビーだったのですが、脚を曲げて入りました・・・。伸びをするとちょっと窮屈そうでした💦

ということで主人と祝杯をあげました。。。
JALはハワイ便ではエコノミークラスでもスパークリングワインがいただけます🍷

離乳食セット。ポーチがかわいい♪
中にはキューピーの5か月用、7か月用の離乳食、スタイ、使い捨てのストロー&スプーンが入っていました。
夜なので与えず後日ホテルでいただきました。




息子は途中なんどか目を覚ましたものの夜泣きはなく、良く寝てくれたと思います。
朝食で機内が明るくなったら起床☀
親二人は仮眠程度でしたがまぁまぁ寝られました。息子に感謝♪


あと、感動したのがボーイング787のオムツ台!
ほとんどのトイレ内に設置されていて、とてもきれいでした✨


搭乗体験記(復路:ホノルル➡名古屋)

ホノルル14:05発 JL793便。復路もボーイング787でした✨

今回は23列目だったのですが、足元がひろーい!!飛行機=狭いの概念が覆されました・・・!

23列目の場合は、バシネット設置後もプライベートモニターの出し入れが可能でした♪

復路も離乳食サービスがあったのですが、中身はアメリカのメーカーの離乳食でした。

昼間の便なので、息子の眠りは浅く、バシネットでは1時間くらいしか寝ませんでした。
日本に帰国した時、現地は夕方なので、寝すぎないほうがいいんですよね^^
それ以外は抱っこ紐の中で寝たり、膝の上であそんだり・・・でも9時間のフライトもぐずらずいい子に過ごしてくれました。

ということで、帰国の路もスパークさせていただきました・・・💛笑

おまけ

ホノルル空港での手荷物チェック時に、女性検査官が息子を可愛がってくださり、こんなシールをくれました✨

KEIKIはハワイ語でキッズという意味。
息子がシールを大事に扱えるまで、大切に保管したいと思います😁
以上になります。
お読みいただきありがとうございました!

ブログランキング参加中です。押していただけると励みになります😄🌺
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ



あなたにオススメの記事

⇩赤ちゃん連れハワイ旅行に必要な情報を総まとめしました♪

⇩安くてかわいいリゾート服まとめ