ALOHA AND MAHALO

OLみぅの Hawaiiと育児と英語のお勉強 を綴ったブログ

【赤ちゃん連れハワイ旅行★総集編】荷物準備から帰国までの便利な情報を徹底的にまとめました



ハワイは赤ちゃん連れにやさしいとはよく聞くけれど、

「行ってみたいけれど色々不安だなぁ」

と感じているママさんパパさんも多いはず。


そんな方々の背中を押せるように、
「0歳児赤ちゃん連れハワイ旅行」に関するあらゆる情報をまとめました。

多岐にわたりますので、気になるテーマを目次から選んでご覧くださいね。




「赤ちゃんと一緒にハワイ旅行♪」準備編

ハワイ旅行に最適な月齢や季節

赤ちゃんの個性や、ご両親のご都合等もありますので、神経質にならず参考程度にしてくださいね♪

はじめてのハワイ旅行に適した月齢

だいたい生後8,9か月頃が良いと思います。
理由は以下の通り。

  1. 離乳食が進み市販の離乳食を食べられる時期。旅先で離乳食を作るのは困難だと思いますので、市販の離乳食にある程度慣れた頃だと楽です。また離乳食が進むとご飯の間隔も4,5時間おきになり、観光しやすくなります。
  2. 一人座りができる時期。レストランでハイチェアが利用できて便利です。また現地調達した小型バギーにも乗れる時期です。さらに、この頃は飛行機の中でバシネットを利用できるので、機内でのご両親の負担が軽減できます。
  3. ストローマグで水分補給できるようになる頃。常夏のハワイでは、こまめな水分補給がマスト!麦茶などの飲み物が手軽に飲めると安心ですよね。
オススメの季節はいつ?

なるべく日本の真冬以外の季節がオススメです。
理由は、冬の場合、

  1. 気温差による赤ちゃんへの負担があること
  2. 防寒具等の冬用の荷物がかさばること

です。

なおハワイの気候は、5月~10月が乾季、11月~4月が雨季となっています。
乾季のほうが気温が高く降水量もすくないですが、ワイキキでは雨季だからと言って一日中雨という日は少ないです♪
年間を通じ気候が安定しているのがワイキキの魅力です。



パスポート申請

渡航にあたり、赤ちゃんもパスポートが必要になります。
赤ちゃんは5年パスポートのみ取得可能です。

申請時に必要なもの

12歳未満は、手数料が大人より安く設定されており、都道府県収入証紙2,000円と収入印紙4,000円の合計6,000円になります。

また、申請時に必要な書類は以下の通り。

  • 一般旅券発給申請書
  • 戸籍謄本または抄本
  • 写真
  • 身元確認書類(母子手帳、健康保険証)
赤ちゃんのパスポート写真撮影

赤ちゃんの証明写真ってどうやって撮影すればいいの??

街中のインスタント写真では、動き回る赤ちゃんの撮影は大変ですよね。
とはいえ、スタジオ撮影はお金がかかりますし・・・。

そんな赤ちゃんの証明写真撮影が自宅で簡単にできるアプリがあるので、ご紹介します。
アプリで撮影して、コンビニのプリンターで印刷するので、費用は約30円と大変お得です♪

なお、赤ちゃんもESTAエスタ)の申請が必要です。
ご両親の分と合わせて申請をお忘れなく。
➡ESTA公式サイト

ホテルとコンドミニアムどちらがいいの?

どちらも良い点はありますが、赤ちゃん連れの場合、私は圧倒的にコンドミニアムです。

コンドミニアムのメリットは以下の通り。

  1. 部屋が広い(ベビーサークルを置いても窮屈にならない)
  2. キッチン・シンクがあるため、食費を浮かせやすく、また哺乳瓶などを洗うのも便利
  3. 寝室とリビングが別室になっている所が多く、赤ちゃんが寝た後、大人は明るいリビングでくつろげる
  4. 洗濯機・乾燥機が多数設置されている
  5. ホテルと違い清掃サービスがないが、タオル・シーツ・ゴミ箱などは電話一本で交換してもらえる


⇩私が宿泊したヒルトンのコンドミニアムの宿泊レポートです。


赤ちゃんの持ち物リスト

ハワイにはショッピングセンターが多数あり基本的になんでもそろいますが、不足品を現地で探す時間がもったいないですよね・・・!
なので、基本的に必要な物は日本から持っていき、現地で消費する方針で荷造りしています。

⇩赤ちゃん(だいたい1歳未満まで)の持ち物をリストにしましたのでご活用ください♪


赤ちゃんの飛行機の予約、機内での過ごし方

赤ちゃんの予約はいつからできるか、手堅く席を確保するコツ、機内での過ごし方のポイントなどをまとめています。

【機内での過ごし方の鉄則】
行きはよく寝て、帰りは昼寝程度。時差ボケを軽減するコツです。

おすすめのガイドブック

2019年版ハワイのガイドブックを全部読んで比較しました。その中で一番質の良いガイドブックはエイ出版社の「ハワイ本」です。既に2020年版が発売されています♪


そんな「ハワイ本」のファミリー版もあります♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハワイ本forファミリー(2019) (エイムック)
価格:1296円(税別、送料別)(2019/8/20時点)

楽天で購入




現地でのあれこれ編

お食事編

赤ちゃんOKのレストラン

ハワイのレストランは、高級レストランであっても基本的に赤ちゃんOK
席で離乳食をあげても大丈夫です。

ただ、レストランによっては赤ちゃん用のハイチェアがない場合もありますので、抱っこまたはチェアベルトで対応してくださいね♪

また、ハワイのレストランは、食べ残しをランチボックスに入れてくれます
「赤ちゃんがぐずってしまって料理が食べられない」なんてときに、ありがたいサービスですよね。
店員さんに"May I have a To-Go Box?(持ち帰り用のボックスをいただけますか?)"とお願いすれば対応していただけますよ。

赤ちゃん連れにオススメのレストラン

赤ちゃん連れにオススメのレストランを3つご紹介します。

1つ目は、アラモアナセンターのメイシーズ3階にある「リリハベーカリー」
ハイチェアもありますし、センター内にきれいなおむつ台(パパも入れる)や授乳ができる場所があります。
席数が多いので待ち時間が短いのもいいです。

2つ目は、ワイキキのインターナショナルマーケットプレイス内にある「ヘリンズボーン」
こちらもハイチェアがあり、また店内におむつ台があります。
予約なしでもすぐに入れると思いますが、念のためOpen Tableなどで予約すると安心です。

3つ目は、マジックアイランド付近の海沿いにある「53 by the sea」
嵐出演のTV番組の撮影で使用されたので、嵐ファンの方はご存知かもしれません。
結婚式会場としても使用されるお姫様度MAXのレストランです。ハネムーン気分を味わいたいパパママにおすすめ!
ダイアモンドヘッドが見える美しいオーシャンビューも魅力です。
店内はやや静か目ですが、子供向けのサービスは充実していてハイチェアもありますし、トイレ内におむつ台もあります。


疲れたらスーパーや「Uber Eats」でデリバリーという選択肢

ワイキキにはABCストアのほか、ローソンやセブンイレブンといった日系のコンビニもあり、手軽に軽食を調達できます。
また日本でも人気のエッグスンシングス」や「チーズケーキファクトリー」はテイクアウトも可能です。
すこし足を延ばしてアラモアナセンターの「フードランドファーム」に行けば、お惣菜やサラダバー等より食事らしいご飯が購入できます。

更にお手軽なのが、Uber Eats(ウーバーイーツ)」のデリバリー
レストランのお料理をホテルのお部屋で味わえます。
手数料がかかりますが、料理代のチップを払う必要がないので、合計金額はイートインと同等かそれ以下だと思います。
夜に外食できないときでもレストランの味を堪能できるのがうれしいですよね。

⇩「Uber Eats」をハワイで利用した際のレポート


バギー(ベビーカー)について

日本で使用しているB型ベビーカーはハワイ旅行では大きすぎるため、あまりお勧めしません。
アラモアナの「ターゲット」や「ウォルマート」で約20ドルの小型バギーが購入できますし、また楽天カード利用者は楽天カードラウンジでバギーをレンタルすることもできます

⇩私が実際に「ターゲット」で購入したバギーのレビューです。


粉ミルク・液体ミルク・オムツについて

粉ミルク・液体ミルクは、アラモアナセンターの「ターゲット」で調達できます(日本製はありません)。
オムツはワイキキの「ロングスドラッグ」や「ABCストア」でも調達できます(日本製ではないけど本家の「パンパース」や、おくるみで有名な「エイデン」のオムツ等がありました)。


授乳室やオムツ替えについて

授乳室はアラモアナセンターやロイヤルハワイアンセンターがおすすめ

アラモアナセンター内のデパートや、ロイヤルハワイアンセンター4回の女性トイレ内に広々とした授乳スペースがあります。
ただし、カーテンや給湯器はありません。

オムツ替え

オムツ替えも授乳と同様にアラモアナセンターやロイヤルハワイアンセンターにきれいなおむつ台があります。
その他、ワード地区ではサウスショアマーケットの「ノードストロームラック」にもおむつ台があり、とてもきれいでした。


罰金に気をつけたい「NG行為」

ハワイでは以下のような行為が禁止されていて、罰金の対象になる場合があります

  1. 12歳未満の子供を1人にした場合。ホテルの部屋であっても1人にしてはいけません。
  2. 横断歩道以外を横断すること。またながらスマホで横断すること。
  3. ビーチなど公共の場での飲酒・喫煙。
  4. ベランダに洗濯物を干すこと。

病気になったら「日本語OKな病院」へ。薬はABCストアへ

日本人旅行客が多いハワイ。ワイキキ市内には日本語OKで24時間対応してくれる医療機関があります。
ただし、アメリカの医療費は高いため、高額請求となる可能性もあります。
オプショナルツアーの内容や健康状態に合わせて海外旅行保険に加入することをお勧めします。


海外製ですが風邪薬や酔い止めは、大きめのABCストアで購入できます。
ロイヤルハワイアンセンター内やヒルトンハワイアンビレッジ内のABCストアで販売されているのを確認済みです。
ただ、出国前にかかりつけ医に相談して処方してもらうと安心ですね。


ハワイ旅行のモデルコース

赤ちゃん連れの旅行のプランを立てる際のポイント

パパもママも赤ちゃんも、ストレスなく満足な旅を過ごすために、次の3つのポイントはおさえておきましょう♪

  1. 予定を詰め込まない
  2. 「必ずやること」と「できればやりたいこと」を分けておく
  3. ショッピングセンターの行きたいお店をピックアップしておく

1について。
赤ちゃんと一緒だと何かと思うように行動できないもの。
突然のウンチ、なかなか離乳食を食べない、赤ちゃんの時差ボケ、夜泣きでパパママが眠れない
・・・なんてことも普通に起こりえますので、時間に余裕をもったプランを心がけます。

2について。
上記の通り、赤ちゃんの都合で思い通りに行動できなかった場合は、何かを諦めざるを得ないかもしれません。
その時に「これだけはやりたい~!」というものを夫婦間で決めておくとストレスがないですね笑

3について。
ショッピングセンターはとっても広いので、あらかじめガイドブック等で行きたいお店をピックアップしておくと当日スムーズに行動できますよ♪

4泊6日のモデルプラン。赤ちゃんグッズが買えるお店の情報も

筆者が生後9ヶ月の息子と実際にすごしたコースです。

赤ちゃんグッズが買えるお店の情報も載せています。
アラモアナ・ワード・ワイキキ市内をじっくりまわり、お買い物も自然も満喫できる内容になっていますので、参考にしてみてくださいね。


以上になります。
素敵な旅行になりますように・・・☆

ブログランキング参加中です。押していただけると励みになります😄🌺
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ